釜山のグルメ【西面・南浦・センタム】ウジョントルソッ ビビンパ★

今回は釜山・西面(ソミョン)にある「ウジョン ビビンパ」の『石焼きビビンパ』を紹介します。
※南浦店、センタム店もあります。

日本でもお馴染みの韓国料理の一つであるビビンパ!
韓国語でビビン(비빔)は混ぜる、パプ(밥)はご飯ということで「混ぜご飯」という意味になります。ちなみにより韓国語に発音を近づけて表記すると「ビビmパp」という感じになります。mとpはパッチム(비빔のㅁと밥のㅂ)と呼ばれる部位で短音かつ子音で終わるので、日本人には聞き取りづらく最後のpは脱落してビビンパとなったようですね。

2代目 40年の歴史と伝統と書いてあります。

소고기 돌솥 비빔밥(ソコギ トルソッ ビビンパ):石焼き牛肉ビビンパ 6500W
ソコギ=牛肉、トルソッ=石焼き
チーズ追加は1000W、卵の追加は500W


韓国でも日本と同じように石焼きビビンパと普通のビビンパがあるので注意して頼みましょう。
今回は「石焼き牛肉ビビンパ」の「ソコギ トルソッ ビビンパ」にチーズを追加して注文してみます。
この場合はチーズ チュカ ヘ ジュセヨ~などと言えばOKです。
※チュカは追加という意味で発音が似ているので覚えやすいですね!

キムチの冷たいスープ(水キムチ)

パンチャンはこんな感じです。

さあ、ビビンパが出てきました。
その初めの感想は・・・・・


デカっ!!



実は最初は大盛り(コプペギ)にして注文しようと思っていたのですが、普通サイズで十分なボリュームです。

ナムルもたっぷりです。

テーブルにあるコチュジャンを好みの量いれてビビンします。

うーん!うまいっ!!

激ウマです!!


でもでも何か足りない??


なんだろう??

そうだ!卵がなかったのです。

後からの注文でもサッとすぐに持ってきてくれました。

ということで卵(ケラン)を追加して注文してみます。

この場合はケラン チュカ へ ジュセヨ~でしたね!
※「へ ジュセヨ」は「~してください」と意味です。

うーん、やっぱり卵が合った方が断然おいしいです!!
釜山で本場の石焼きビビンパをぜひご賞味ください。

おススメ度:★★★★★

ーウジョン ビビンパ(西面本店)ー
店舗名:우정 비빔밥
定休日:年中無休
営業時間:9時半~21時半
住所:45-7 Jungang-daero 692beon-gil Busanjin-gu Busan
電話:051-802-2030
◆韓国人の方による口コミは7/17現在で約150件あります。こちらからどうぞ。

ーウジョン ビビンパ(南浦店)ー
定休日:年中無休
営業時間:10時~21時半
住所:52 Gwangbok-ro Jung-gu Busan
電話:051-245-1551
―ウジョン ビビンパ(センタム店)―
定休日:年中無休
営業時間:10時半~21時半
住所: 9 Centum dong-ro Haeundae-gu Busan
電話:051-742-0032

楽天