【動画有り】釜山ロッテ・ジャイアンツ野球観戦記!絶品マッグクスのお店も紹介★

今回は釜山のサジクを本拠地にしている『釜山ロッテジャイアンツの野球観戦』とスタジアムの近くにある『絶品マッグクス(韓国式お蕎麦)』、そして韓国の楽しすぎる『バッティングセンター(スクリーン野球)』を紹介します!

チュムンジン マッグクス

サジク駅の1番出口付近:イラストはイ・デホ選手です。

釜山ロッテジャイアンツの本拠地である「サジク スタジアム」へは地下鉄3号線のサジク駅1番出口を利用するのが便利です。

この日はナイターゲームという事で試合開始は18時半。

その前に腹ごしらえをしようということで、サジクスタジアムの近くに『チュンムンジン マッグクス』という非常に人気のある韓国式のお蕎麦屋さんがあるということでそちらに行くことにしました。

チュムンジン マッグクスの外観の写真

韓国でお蕎麦??というのはかなり以外なイメージがあるかもしれませんが、これが安くてなかなか美味しいんです!!

チュムンジン マッグクスのメニューの写真
막국수(マッグクス):お蕎麦
비빔막국수(ビビン マッグクス):混ぜ蕎麦
수육:スユク(国産 韓牛)

今回はマッグクスとスユク(小)を注文しました。

キムチと唐辛子の写真

まずはパンチャンから。

キムチの拡大写真

ミルフィーユのように積み重なったまま出てきましたが、しっかり付け込まれたとても美味しいキムチでした。

マッグクスの写真

そしてこちらがマッグクス。まず、すごいボリュームです!

マッグクスの麺をカットした写真

マッグクスもミルミョンと同じようにハサミでカットしてから食べますよ。
日本のお蕎麦の味とはちょっと違いますが、これはこれでとても美味しいです。

スユクの写真

続いてはスユク。
これは韓牛を使っていると書いてありましたね。

スユクをごま油に付けた写真

ごま油につけて、キムチを巻いて食べたら最高です!
ジューシーで柔らかくてとても美味しかったです。

ーチュムンジン マッグクスー
店舗名:주문진 막국수
定休日:年中無休
営業時間:11時~22時
住所:8 Sajik-ro 58beon-gil Dongnae-gu Busan
電話:051-501-7856

サジク スタジアムで野球観戦

サジクスタジアムの写真

食事を終えたあとはサジク スタジアムに向かいました。

イ・デホとカン・ロハンのサインボールの写真

試合開始までにはまだ時間があったので、スタッフゲートの前でうろうろしていたら、以前にソフトバンクに所属していたイ・デホ選手とカン・ロハン選手のサインをもらうことができました。

スタッフゲート付近ではチアリーダーの方のサインを貰ったり、記念撮影をしている人もいました。

ジャイアンツのタオル、ミニバット、ウチワの写真

試合前に1Fにある「ジャイアンツ ショップ」で応援グッズも購入しましたよ。

チケット価格表①

 

チケット価格表②

野球の観戦チケットは当日券の販売もあります。
料金は日本と比べるだいぶ安いでしょうか??

チケット売り場の写真

当日券の売り出しは17時(試合開始の1時間半前)からでした。

チケットの写真

ロッテの応援席は1塁側・ライト側になります。
人気の席は1塁側・内野席の「応援団」の近くの席です。さまざまな応援パフォーマンスが見れてとても楽しいのでおススメです。

今回はその応援団の近くの席にして、チケット料金は15000₩でした。

※応援団の近くの座席はとても人気なので、当日購入の場合は後方の席になると思います。

グラウンドの写真

球場には屋根が無いので荒天時は中止になりますが、開放感のある素晴らしいスタジアムです。
ちなみにこの日は朝方までかなり強い雨が降っていましたが、グラウンドの水はけは非常に良いようでプレーには影響がなさそうでした。

選手紹介の様子

さて、釜山ロッテ・ジャイアンツの特徴はというと・・・

『めちゃめちゃ弱い!』

です。

これまでに2度しか優勝したことが無く、しかも前回優勝したのはもう30年近く昔のことだそうです。
ちなみに今年も定位置の꼴등(コルドゥン:最下位)です。

それでもロッテ・ジャイアンツのファンは熱烈で釜山の方が愛してやまないチームのようです。

チームはとても弱いのですが、とにかく応援が楽しいのがロッテの良い所です!

こちらは5回裏が終わったところの休憩の様子なのですが、球場のライトを消した中でスマホのライトを揺らし雰囲気はもはやコンサートです!

週末の試合ではもっとお客さんが多いでしょうから、もっと素敵な雰囲気なのだろうなと思いました。

そして面白いがこちらの様子。

試合が終盤に差し掛かると「赤いビニール袋」が回ってくるのですが、それを頭に被って応援を始めます。
ちなみにこうやって応援するのはロッテ・ジャイアンツだけのようです。

赤いゴミ袋の写真

そして実はこの赤い袋はただのゴミ袋です。
なので、最終的には自分の身の回りのゴミを入れてみなさんゴミ箱に捨てていました。

ゴミ袋まで応援の道具にしてしまうとは、私は何だか凄く関心してしまいました・・・

カン・ロハンの選手紹介の写真

さて、試合の方はお約束通り『4-0』でロッテが負けています。

そして先ほどサインをもらったカン・ロハン選手が代打で登場してきたのでここは期待!と思ったのですが、あっけなく凡退しました。

すると、一緒に来ていた釜山出身の友人が『もう勝てないから早めに帰りましょう!』言い出しました。

『まだまだこれからじゃんっ!?』

と思いましたが、もはや釜山のファンは試合の結果にはあまり執着していないのかな?とも思いました。

とにかく釜山・ロッテジャイアンツの試合は応援が 面白いので、チームに思い入れの無い観光客の方でもすごく楽しめると思います。

釜山での野球観戦は私的には結構おススメです!

 スクリーン野球(レジェンド ベースボール)

野球を見た後はスクリーン野球をすることになりました。
スクリーン野球とは「バッティングセンター」なのですが、日本人の方の思うバッティングセンターとはちょっと違って非常に面白いです。

ジャイアンツパークビルの入り口の写真

今回はスタジアムのすぐ近くの『ジャイアンツ パーク』というビルの中ににある「レジェンド べースボール」というスクリーン野球場に行きました。(スターバックスの隣の入り口から入りました。)

レジェンドベースボールの入り口の写真

お店はビルは7階にあります。
調べてみるとこの「レジェンド ベースボール」は日本にもいくつかあるようですね。

 

料金表の写真

韓国のスクリーン野球は試合形式で団体で楽しめるのが特徴です。
チーム数は「2」又は「3」が選べ、イニング数は「3」、「5」、「7」、「9」回が選べました。

今回は「2チーム、7回(制限時間50分)」を選んだので料金は40,000₩でした。
この日は4人で来たので一人あたり1万₩ですね。

待合室の写真

待ち時間は20分だったので、待合室でロッテ戦をテレビ観戦しながら待ちましたが、『4-0』でそのまま負けました…。

ブース前の写真

さて、時間になったので我々のブースに案内されました。

スクリーン野球場のブースの写真

スクリーン野球場ということで、普通のバッティングセンターよりは狭いです。

チーム設定画面の写真

試合を開始する前に店員さんがチームや選手の名前などの設定をしてくれます。
そして準備が終わったらいよいよプレイボールです!

ペダルの写真

バットを持って打つ準備が出来たら打席の後ろにあるこのペダルを踏むとピッチャーがボールを投げてきます。
この仕組みのお陰で制限時間(今回は50分)の中でゆっくり自分たちのペースで遊べるようになっています。

 

こちらが実際にプレイしている様子です。

スクリーン野球はブース内にあるセンサーが打った打球の「速度や角度、回転数等」を計算して、『ヒットやホームラン、凡打』を画面上で演出してくれます。

私は昔野球を少しかじっていたのですが、打球判定の精度はかなり高いと感じました。

このタイプのバッティングセンターが今の韓国ではスタンダードで「レジェンド ベースボール」や「ストライク ゾーン」というスクリーン野球場が有名です。

ちょっとした空き時間にグループでワイワイ楽しめるのでこちらもおススメです。

ーレジェンド ベースボールー
店舗名:레전드스크린야구존 사직점
定休日:年中無休
営業時間:12時~翌3時(平日)、10時~翌3時(週末)
住所:4 Sajikbuk-ro Dongnae-gu Busan 「ジャイアンツパーク 7F」
電話:070-8881∸6565

韓国の野球観戦記はいかがだったでしょうか?
韓国の野球観戦は観光客の方でもすぐに馴染んで楽しめますので、特に釜山リピーターの方で『そろそろ行くところが無い』なんて方には特におススメだと思います!もちろん初めての方でもOKです★

楽天