【2020年7月】PCR検査の待ち時間は?コロナ禍の成田空港の検疫状況を紹介

2020年7月。
世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう中で成田空港から入国したのでPCR検査の結果待ちの時間などの成田空港の最新の検疫の状況について紹介します。

成田空港から入国する際の検疫手続きについて

成田空港検疫のフローチャート

こちらは7/5時点での成田空港における検疫の流れです。

入国後の2週間の自主隔離については私の場合は首都圏にある実家で隔離生活を送ることを計画していました。

実家での隔離について65歳を超える両親に相談したところ一つの注文が付きます。

それはPCR検査を受けて陰性であることを確認後に実家に移動すること

という内容でした。

両親の不安としては『自身への感染』、『マンション(実家)における周囲への影響』、『職場への影響』があったようです。

私はどうしてもホテルには入りたくなかったので、PCR検査の結果を当日中に得るために成田空港に午前中に到着する便を選ぶことを迫られるのでした。

成田空港での検疫時に必要な書類は?

韓国・仁川空港を出発した飛行機は順調に成田空港に向かいます。
ミールサービスを終えたあたりでCAさんから6種類の検疫に関わる書類が配布されました。

①要請書(成田空港検疫所控え用)

検疫書類②

②要請書(本人控え用)

検疫書類①

③質問票

検疫書類②

④入国される方へ検疫所よりお知らせ

検疫書類④

⑤厚生労働省からのお願い

検疫書類⑤

⑥LINEアプリ等を活用した健康確認 個人情報の取り扱いに関する説明書 兼 同意書

検疫書類⑥

ー必要な検疫関連書類ー
①要請書(成田空港検疫所控え用)
②要請書(本人控え用)
③質問票
④入国される方へ検疫所よりお知らせ
⑤厚生労働省からのお願い
⑥LINEアプリ等を活用した健康確認 個人情報の取り扱いに関する説明書 兼 同意書

これらの書類は機内で配られます。
しかし私に配られた書類は5種類で周りの人に確認したところ、CAさんのミスで⑥の書類が抜けていたことがわかりました。

書類がすべて整っていないと成田空港に到着した後でPCR検査を受ける順番が後ろになってしまうので、検査結果を待たずに成田空港を出発される方にはタイムロスとなる場合があります。

成田空港(ターミナル1)に到着後の流れ

降機順序ついて

飛行機がゲートに到着しドアが開く前にCAさんが国際線乗り継ぎの乗客を探し出し、ドアが開くとまず国際線乗り継ぎの乗客を降機させます。

乗り継ぎの乗客が全員降り、一定の間隔が取れると日本入国組の降機が始まります。

PCR検査前の一時待機について

一時待機所

降機してしばらく歩くとナンバリングされたイスが配置されています。
ここは検疫書類の検査及びPCR検査を受ける前の一時待機所で先着順で着席することになります。

私は飛行機の前方座席を確保していたので降機順序が早く1番のイスに座ることができました。
そしてしばらく待っていると6種類の検疫書類の記入が終わっているかを質問され、記入が終わっている人は次のステップの書類検査PCR検査に進みます。

検疫書類の検査とPCR検査

書類を検査する担当者が6名配置されていたので、乗客も6人単位で誘導されていきます。

書類の検査では記入した内容について詳細に確認が行われます。
その中で私が勘違いしていた点がひとつありました。

検疫書類④

それはこの書類に沿って隔離期間中の過ごし方について説明を受ける中でした。

この用紙には記載は見当たりませんがPCR検査の結果が陰性の場合は隔離期間中でも最寄りのコンビニやスーパーで食料を調達する程度の外出はOKとの説明がありました。

もちろん公共交通機関の利用はNG外食も控えてくださいとの説明も併せてありました。

当然1人で隔離生活をしなければならない人もいるので人道的配慮と言ったところでしょうか。

そして私はPCR検査の結果待ちの時間について質問すると・・・

最低でも今から6時間です!という回答でした。

そしてたぶんそれより長くなるという説明がありました。

どうも曜日によって到着便の数が異なり、この日は到着便の多い日なので結果待ちの時間が長くなるだろうっと言った感じの話がありました。ちなみにこの時の時間が午前11時半頃でした。

推察するに成田空港に早い時間に到着する便ほど検査待ちの時間が短くなると思われます。

検疫証

書類検査が完了するとこちらの書類をもらいました。

そしていよいよPCR検査です。
フェイスシールド、マスク、防護服で完全防備の担当者が1名配置されていました。

PCR検査は長い綿棒を鼻の奥までいれ3秒ほどホールドされます。
ちょっと苦しかったですけど思ったほど苦痛ではありませんでした。

入国手続きと税関手続き

PCR検査が終了した人が6名くらい溜まると、検疫担当者に誘導されながら入国審査と税関審査に進みます。
まとまって担当者に誘導される点以外には特に通常時と変わりはありません。

PCR検査結果の待機所について

税関申告が終わると担当者に誘導されながら一旦到着ロビーに出て待機所に誘導されます。

待機所

待機所は3密を防いだ空間となっており広々としたスペースになっています。
コンセントもそのまま解放されているので使用が可能でした。

マッサージチェア(有料)は用意さていましたがベッド等の横になるスペースはありません。
そして空港のWiーFiは拾えるものの回線速度は遅く、何とかYOU TUBEが見られる程度でした。

待機所周辺のトイレ

先ほどの待機所とこちらに見えるトイレと通路が我々が自由に動けるスペースです。
狭さによるストレスは特に感じずに過ごすことが出来ました。

食事

それと待機所にはランチボックスとバナナと水が用意されていました。
もちろん無料で個数制限は特にありませんでした。

ランチボックスの中身の写真

ランチボックスの中身はこのような感じでした。
ちなみに成田空港に到着してからコンビニなどで食料を調達する時間はありません。

成田空港からの移動手段

成田空港からは自宅等に移動する際はタクシーも含めて公共交通機関を利用することは出来ません。

下記は待機所に置かれていた各種交通手段の案内です。
参考までに写真を載せておきます。

①ハイヤー

ハイヤーの料金表

ハイヤー料金表の裏

②レンタカー

③成田空港周辺ホテルへの巡回バス

巡回バス

レンタカー

成田空港におけるPCR検査の結果待ちの時間は?

18時を過ぎた頃に同じ待機所に居たKLM便の搭乗者の検査結果が出たとアナウンスがありました。
ちなみにこのKLM便も11時頃に到着しているのでPCR検査の待ち時間は7時間程度です。

時計の写真

そして18時57分についに我々の搭乗した便のPCR検査の結果が発表されました。

列になって検疫担当者からひとり1人に検査結果が通知されます。
お陰さまで私は無事に陰性でした。

検査が陰性であればその場で解放されます。
検疫担当者に確認したところコンビニなどでの買い物はOKだけどレストランには行くのは控えてください。
とのことでした。

ーこの日のスケジュールー
・11時:成田空港到着
・11時半:PCR検査
・19時:結果発表

結局この日はPCR検査を受けてから検査の結果が出るまでに7時間半もの時間が掛かりました。
この日は到着便が多く非常に時間が掛かったと検疫担当者の方が言っていました。

減便の影響で曜日運航している航空会社が多く、フライトが集中する日は混雑して時間が掛かるとのことでした。

成田空港の検疫状況・まとめ

・当日中に検査結果を得たい人は成田空港に午前中に到着する便を選ぶ必要がある
・待機所はそれなりに快適(軽食、トイレ有り) ※必要により食料は出発前に調達。
・当日の検査結果は搭乗便ごとに発表される ※急いで降機しても意味なし。
・PCR検査の結果発表までに掛かる時間は7時間半! ※ 空港の混雑状況により変動。

以上が2020年7月に私が成田空港から入国した時の状況です。
ご参考にななれば幸いです。

楽天