松島海上ケーブルカーへのアクセス/行き方を徹底解説★

2017年にオープンしたばかりですが、すっかり釜山の定番観光スポットとなった『松島海上(ソンド ヘサン)ケーブルカー』への行き方を詳しく紹介して行きます。

関連記事

釜山(プサン)には多数のバス路線があるので、バスを活用できると格段に行動範囲が広がります。又、海東龍宮寺(へドン ヨングンサ)などバスに乗らないとアクセスが困難な人気の観光スポットも沢山あります。安くて便利な釜山のバスな[…]

松島海上ケーブルカーへの行き方

バスでの行き方

チャガルチ駅から松島海上ケーブルカーでのバスルートのマップ

バスでアクセスする場合は釜山・地下鉄1号線のチャガルチ駅からバスに乗るのがおススメです。

チャガルチ駅に2番出口の写真
チャガルチ駅2番出口からチュンムドン交差点のバス停までの徒歩ルートのマップ。

バス停はチャガルチ駅の2番出口の近くにあります。

バス停前の交差点の写真

チャガルチ駅の2番出口を出たら真っすぐ道なりに進み、2つの横断歩道を渡って反対車線側の歩道に移動します。

チュンムドン交差点のバス停の写真
「チュンムドン交差点」のバス停

すると松島方面に向かうバスが停まるバス停があります。

バス停の写真
バスと徒歩での所要時間は計14分

「チュンムドン交差点」に停まるすべてのバスが松島海上ケーブルカー最寄りの「アムナムドン住民センター」に停まります。

バスの本数はとても多いので長く待つことは無いでしょう。

松島ヘスピアの写真

バスの乗車時間はおよそ6分。

バスの進行方向左側にこの大きな「松島ヘスピア」の建物が見えたらまもなく『アムナムドン住民センター』に到着です。

アムナムドン住民センターバス停付近の写真
アムナムドン住民センターバス停付近
アンナムドン住民センターから松島海上ケーブルカーまでの徒歩ルートのマップの写真

「アムナムドン住民センター」で下車したら横断歩道を渡ります。

モクコリタウンの写真

すると「モクコリ タウン」という、飲食店が建ち並ぶ通りがあるのでこちらを進みます。

ケーブルカー付近の写真

商店街を大通りに突き当たるまで進むとケーブルカーのゴンドラが見えてきます。

ケーブルカーと松島スカイウォークの写真
海にせり出した松島スカイウォーク
ケーブルカー乗り場の写真

「松島スカイウォーク」を眺めながらしばらく歩くと、ケーブルカー乗り場に到着します。
バス停からはおよそ10分の道のりです。

タクシーでの行き方

タクシールートのマップ。

チャガルチ駅からタクシーを利用した場合は約10分、4,000₩程度となります。
ケーブルカー乗り場の目の前まで行けるのでとても楽ですね。

タクシーの運転手さんにはこう言ってみると良いと思います。

日〉ケーブルカーまで行ってください。
韓〉ケーブルカー カジ カジュセヨ 

松島海上ケーブルカー

松島海上ケーブルカーの料金表の写真
営業時間: 日~木曜・祝日9:00~22:00、金~土曜・祝日の前日9:00~23:00

まず一階でチケットを購入します。

★チケットの種類★
エアクルーズ:普通のゴンドラ(大人往復:15,000₩)
クリスタルクルーズ:床がガラスのゴンドラ(大人往復:20,000₩)

チケットは有人カウンターと自動券売機のどちらでも購入することができます。
今回は自動販売機で購入してみます。

自動券売機の写真①

自動券売機での支払いはクレジットカードのみが使用できます。
日本で発行した各種クレジットカードも使用可能です。

自動券売機の写真②

日本語設定が出来るので特に難しいことはありません。

自動券売機の写真③
自動券売機の写真④
自動券売機の写真⑤

少し価格は高いのですが、やはり床がガラスのクリスタルクルーズ』が断然おススメです。

チケットの写真

往復チケットなので最後まで無くさないように気を付けましょう。

ケーブルカー乗り場の写真

そしてこちらが4階の乗り場です。
赤のラインが「クリスタルクルーズ」、青のラインが「エアクルーズ」になっています。

飲食禁止の案内板の写真

ゴンドラ内には「食べ物、飲み物」は持ち込めません。

キャンディの写真

搭乗時にはキャンディがもらえます。
酔い止め??気圧変化で耳が痛くなるのを防止??のためでしょうか。

ゴンドラ乗り場の写真

さあ、いよいよ搭乗です。

ゴンドラのドアが開いている写真

プラットフォームを離れる間際に1度ドアが開いてから、その後ドアが完全にロックされるのでびっくりしないでくださいね。

ゴンドラからの景色の写真

ということで空中散歩のスタートです。
対岸までは7分くらいでした。

ガラス越しの海の写真

床下はこんな感じで見え、なかなかスリリングです!!

あえて他の景色は載せませんが、松島のビーチや影島・ヒンヨウルマウルなどが見えます。

条件が良ければ対馬も見えることでしょう。

松島海上ケーブルカーのグルメ

スナックエリアの写真

ケーブルカーのアムナム公園側にも売店やコンビニ、レストラン等があります。

チョンチュン カムソン サル ハットグの外観の写真

こちらは韓国で人気のある「チョンチュン  サル ハットグ」です。

ハッドグのサンプルの写真
ハッドグのメニューの写真

一番人気はモッツァレラとのことですが、私はチェダーチーズが一番好きですね~。

ハットグのソースの写真
チェダーチーズハットグの写真

ハットグが揚がるのを4分ほど待って『いただきますっ!』です。
ちなみにハットグを受け取る時に「砂糖をかけますか?」と聞かれますよ。

小玉スイカの写真

スバク(スイカ)ジュースも美味しそうでした!

松島海上ケーブルカー・展望デッキ

海の景色の写真
空中ブランコの写真

空中ブランコが5000₩で楽しめます。
ちなみにVRのゴーグルを着用して乗るみたいですよ。

タイムカプセルの写真

こちらはタイムカプセルらしきものが保管されていました。

こちらは星の王子様でしょうか??

ちょっとお行儀が悪いようです・・・笑

記念撮影スポットの写真

こちらも撮影スポットですね。
釜山の「市の鳥」のカモメがデザインされています。

松島スカイパーク

ケーブルカーを降りて建物を出るとちょっと摩訶不思議な空間が広がっています。

この龍の鱗までは良いのですが・・・

突然、ジュラシックパークの世界が出現します。

恐竜の写真①

お城にピアノにそして恐竜・・・この世界観は独特です。

恐竜の写真②

動く恐竜の模型は全部で10体ぐらいありますので、
これからひとつひとつ紹介していきたいと思います!

というのは冗談です。

とにかくこの辺りは恐竜が「ギャーギャー」鳴いていて賑やかですよ。笑

アムナム公園・展望台

松島スカイパークからアムナム公園内を散策することもできます。

松島スカイパークから5分ちょっと歩くととても見晴らしの良い展望台があります。

展望台からの写真①
展望台からの写真②

条件が良ければ対馬も望むことができ、緑に囲まれ大自然を感じることができるので密かに私のお気に入りのスポットです!

世にも珍しい『海上ケーブルカー』を釜山でぜひ楽しんで行ってみてください。

楽天