ニュースで知る韓国!江原道で山火事発生!!!

ニュースで知る韓国!第1段です。
たぶん需要がなさ過ぎてこの一回で終わってしまう可能性が高いです。汗

2020年5月2日。
今朝のSBSのトップニュースは江原道/カンウォンドの高城/コソンで発生した山火事についてでした。

高城は韓国北東部の端っこにあります。

そういえば最近は天気予報やスマホに来る市からのメッセージでも『乾燥注意』や『山火事注意』という内容が多くありました。

又、先日は安東/アンドンという所でも山火事が起きたばかりでした。

韓国も日本と同じように冬から春にかけて山火事が多く発生します。

その原因は韓国を縦断するテベク山脈を西風が抜ける時に発生するフェーン現象でこの時に吹く風を양간지풍/ヤンガンジプンと呼ぶようです。

空気乾燥して山火事が発生しやすく、そして強風で火が一気に拡散されてしまうわけですね。

今回の山火事でも朝の時点で85haを焼失し江原道で1年ぶりの大きな山火事だと報道しています。
東京ドームに換算すると約18個分の面積ですね。

???

日本では広い面積を表すときによく東京ドームと比較して表現するけど、韓国ではどうやって表現するんだろう??

私の頭の中で大きく脱線が始まります・・・笑

いろいろと調べて見るとソウルにある蚕室/チャムシル総合競技場と比較したり・・・

もっと大きい面積の時は同じくソウルの汝矣島/ヨイドと比較して表現することがあるそうです。

ただ、東京ドームと同じように韓国の方も蚕室総合競技場や汝矣島と比較して表現されても今一つピンと来ないようですし、日本の東京ドームとの比較ほど頻繁には使用されないようです。

そして気になる?蚕室総合競技場(54万5千㎡)の面積は東京ドーム(4万7千㎡)の約12個分、汝矣島(8.4㎢)は東京ドームの約180個分です。

やっぱりピンと来ませんよね?笑

さて、肝心の山火事の方は人命被害は無く何とか鎮火できたようです。

楽天

ニュースで知る韓国の最新記事8件